第 3456 回
基礎から学ぶ英文契約書の読み方
-後で後悔しないために重要ポイントを理解-
2017年11月17日(金) 09:30~11:30
金融ファクシミリ新聞社
セミナールーム
東京都中央区日本橋小網町9-9
小網町安田ビル2階 地図
電話 03-3639-8858
1回分 22,000 円(税込 23,760 円)
全シリーズ 41,000 円(税込 44,280 円)
当セミナーは全 2 回のシリーズ開催です。
1回のみでもお申込みいただけます。
講師
尾上 由紀
弁護士法人黒田法律事務所
弁護士
講演趣旨
 企業活動のグローバル化により、外国企業との業務提携やM&A取引等の契約のほか、外国企業との一般的な契約が増えてきました。その際、英文のみで契約書が交わされるケースも珍しくありません。しかしながら、英文契約書はたくさん扱ってきたけれど、エージェント任せで、なんとなく曖昧なままに締結されているという例が結構あるようで、非常に危険です。一方、実は、いくつかの基本的なポイントを押さえておけば、英文契約書は意外と難しくないとも言えます。
 本セミナーでは、多くの英文契約実務の経験を有する講師が、その知見をもとに、英文契約書を読む際に注意すべき重要なポイントを中心に基礎から説明します。英文契約書とはどういうものなのか、どう読めばいいのかなどを具体的に解説します。
第 3455 回 2017年11月10日(金) 基礎から学ぶ英文契約書の読み方

◆前編
1 はじめに~英文契約書とは?
2 英文契約書の基礎知識
3 英文契約書の一般条項
第 3456 回 2017年11月17日(金) 基礎から学ぶ英文契約書の読み方

◆後編
4 英文契約書の用語
5 ケーススタディ(主な契約類型とチェックポイントの概要)
6 英文契約書に関する問題(例題を使って読解のコツを解説)
講演項目
1 はじめに~英文契約書とは?
2 英文契約書の基礎知識
(1)法体系-大陸法と英米法
(2)英文契約書とは
(3)英文契約書の特徴
(4)英文契約書の基本構成
3 英文契約書の一般条項
4 英文契約書の用語
5 ケーススタディ(主な契約類型とチェックポイントの概要)
6 英文契約書に関する問題(例題を使って読解のコツを解説)
講師紹介
尾上 由紀 (おのうえ ゆき) 氏
 早稲田大学法学部卒業。2007年黒田法律事務所に入所後、企業買収、資本・業務提携に関する業務、海外取引に関する業務、労務等の一般企業法務を中心として、幅広い案件を担当。特に、海外企業による日本企業の買収案件、日本企業による海外企業の買収案件、日本企業による海外企業への投資案件、国内企業の買収案件等、企業買収・資本提携については多数の案件を手掛けている。買収案件以外にも、国際案件について多くの実務経験を持ち、日本企業と海外企業間の合弁、業務提携等の案件で、アドバイザー、代理人として携わってきた。