第 4898 回

ポストコロナ時代のプライベート・エクイティ戦略
~ベンチャー投資とバイアウト投資の可能性~

LIVE配信動画配信
2022年6月15日(水) 13:30~15:30
※本セミナーは会場受講ではなく、オンラインのみの講演です※
地図
電話 03-3639-8858
当セミナーは全 回のシリーズ開催です。
1回のみでもお申込みいただけます。

講師

幸田 博人
株式会社イノベーション・インテリジェンス研究所 代表取締役社長

講演趣旨

 「プライベート・エクイティ」という分野は、日本の長い金融の歴史の中では、非常に新しい領域である。だが、そうした中でも、「プライベート・エクイティ」は、日本においてもすでに相当程度定着しつつある。
 また、コロナ感染症による経済への影響で、様々な取り組みが必要となる企業が多くなる状況において、「プライベート・エクイティ」が果たす資金供給の役割が大きくなっている。日本では、リスクマネー供給に係る議論が著しく不足している感があるが、「プライベート・エクイティ」をいかに活用できるかは、日本経済の今後の成長とも大きくリンクするものであると考える。
 本講演では、わが国金融界で企業への資金供給業務に長年携わってきた実績を持つ講師が、ベンチャー企業向け投資である「VC」投資と「バイアウト型」投資について、「プライベート・エクイティ」全般を鳥瞰して解説する。特に、日本においては、リスクマネー供給に係る取り組みの加速化が重要であるとの認識のもと、その方向感をお示ししたい。

補足案内

●受講料には、受講者の皆様へ配布する講師著書『ポストコロナ時代とプライベート・エクイティ』の書籍代(税込3740円)も含まれます。
●本セミナーはzoomによるLIVE配信で行います。
●動画配信は、都合により開催当日のLIVE参加が難しい方へのご提供サービスです。セミナー開催終了後、3営業日以内の案内開始を予定しています。動画の視聴期間は、案内開始から4週間です。

講演項目

 1 社会課題とリスクマネー供給
 2 「ベンチャーエコシステム」について
 3 様々なVCの可能性
 4 バイアウトファンドとPEの可能性
 5 今後のリスクマネー供給の可能性
  -さらには、インパクト投資の将来性について

講師紹介

 幸田 博人 (こうだ ひろと) 氏
 現在、株式会社イノベーション・インテリジェンス研究所代表取締役社長。一橋大学経済学部卒業後、日本興業銀行入行。みずほ証券代表取締役副社長などを歴任(2018年6月退任)。現在、リーティング・スキル・テスト株式会社社長、 株式会社産業革新投資機構社外取締役ほかポラリス・キャピタル・グループ株式会社社外取締役など。京都大学経営管理大学院特別教授、SBI大学院大学経営管理研究科教授。一橋大学経営管理研究科客員教授
 主な編著書 『日本企業変革のためのコーポレートファイナンス講義』(金融財政事情研究会:2020年)、『プライベート・エクイティの実践』(中央経済社:2020年)、『金融リテラシー入門』(基礎編・応用編)(金融財政事情研究会:2021年)、『ポストコロナ時代とプライベート・エクイティ』(金融財政事情研究会:2022年)ほか